半地下備忘録

たつさんの日記的ななにか。

『神はいつ問われるのか?』ヒロインの感情表現を楽しむ1冊

神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned? (講談社タイガ)

神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned? (講談社タイガ)

森博嗣のWWシリーズ第2弾。舞台は仮想世界に入り込むことができるほどに技術の進んだ未来。仮想世界でトラブルが起き、利用者は強制ログアウトされ、依存する人々が自殺するまでの社会問題に発展する。

当局の指名で主人公のグアトとロジはその世界を司る人工知能と対話することに。現実世界と仮想世界を行き来しながらトラブルを起こした目的を探る。


一番の見どころは、前シリーズ(Wシリーズ)の頃とは比べものにならないほどロジの感情表現が豊かさ。ニヤニヤさせられた読者は多いはず。この感情はこの1冊を読んだだけでは味わえないので、気になった方はWシリーズから手にとって欲しい。

現代の技術では、この作品のように仮想世界と現実世界の区別がつかないところまでは至っていないけど、そんな日が自分が生きている間に実現してくれるといいなと。

過去シリーズ第1作

彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)

彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)