読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半地下備忘録

たつさんの日記的ななにか。

Ankerのロボット掃除機「RoboVac 10」が予想以上に使える子だった

日記とか

共働きだと毎日掃除するのは時間的に無理なんだけど、落ちている髪の毛は気になる。そして、床に髪の毛とかホコリが落ちていると嫁さんの機嫌が大変よろしくない…ということで、ロボット掃除機を買うかどうか悩んでた。

ロボット掃除機といえばiRobotの「ルンバ」が1番有名なんだけど、調べてみると廉価なモデルでも約4万。便利という話は聞いていたけど、どのくらい効果があるのか分からないのに挑戦するにはなかなか金額。

悩ましいなーって思っていたところに、Anker製品のセールがありまして、前々からちょっと気になっていたお値段手頃なロボット掃除機「RoboVac 10」が約20%オフの2万円ほどに。買っちゃうよね。

「RoboVac 10」到着

f:id:tatsu-n:20160912105005j:plain
(本体に変な模様があるのはフィルムを剥がしてないからです)

製品自体のスペックの紹介は公式サイトほか、いろんなサイトで紹介されているからそちらにお任せするとして。

到着して開けてみると、思っていたよりもコンパクトで車高も低い。ルンバのエントリーモデルと比べてもRoboVac 10はお値段半額程度だったので、フローリングに落ちている髪の毛さえ拾ってくれればまぁいいかな…みたいなめちゃくちゃ低い期待値だったんだけど、いい意味で期待を裏切られることに。

髪の毛、ホコリ、どっさり集まった(家が汚い…)。ベッドの下まで侵入してくれるので、自分で掃除機書けるよりもきれいになっているかもしれぬ。

ロボット掃除機様に合わせて人間が最適化するべき

1週間弱使ってみて、ちょっと気をつけるポイントを何点か。

  • ほかの家電のコードを巻き込む
  • 薄手のカーペットやキッチンマットなどを巻き込む
  • 動作音

気になったのはこのくらいだけど、最初の2点はロボット掃除機様に気持良く働いていただくために、人間が働けば解決する。うちの場合は扇風機の余っているコードを本体に巻きつけて、地面を這わないようにしたり、寝る前にキッチンマットを片付けておくなど。家が汚いことに比べたらこれくらいはどうってことないのよ。

動作音もそんなに静かではないし、方向転換のときにタイヤがキュキュッって鳴る。気になるといえば気になるけど、タイマー機能があるので自分たちが居ないときに掃除してもらえばいいだけだ。


ちなみに掃除しているところをしばらく眺めてたんだけど、効率的に掃除するとかはあまり考えていないらしくて、バッテリーの許す限りランダムに動いてて、バッテリーが切れそうになると充電基地に戻ってくるっぽい。その点はルンバだともうちょっと賢いらしいけど、部屋さえきれいにしてくれればどっちでもいい。

今では寝る前にリビング、日中は寝室と1日に2回働いていただいている。床が汚くて嫁さんの機嫌が悪いということもなくなった(重要)ので、お安い投資だったと言える。特に共働きとかだと、なかなか平日に時間をつくって軽く掃除するって難しいから、どんどん技術(と金の力)で省力化していくのが正しい方向性なはず。


購入を考えている人はとにかく「床にも吸い込まれそうな物・巻き込まれそうな物がない状態」をつくれるかどうかだけ考えれば良いと思う。ルンバより優れているかどうかは分からないけど、うちとしては大変満足ができる働きっぷりなのでした。