読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半地下備忘録

たつさんの日記的ななにか。

Raspberry PiとWebカメラでインターバル撮影

Raspberry PiとWebカメラで静止画を撮影する - 半地下備忘録 でWebカメラから画像は撮れるようになったけど、Webカメラ自体が壊れていることが判明した。結局すぐに一番安いWebカメラ買っちゃったよね。物欲には勝てない。

iBUFFALO マイク内蔵120万画素Webカメラ HD720p対応モデル ブラック BSWHD06MBK

iBUFFALO マイク内蔵120万画素Webカメラ HD720p対応モデル ブラック BSWHD06MBK

Webカメラを接続する前

pi@raspberrypi:~ $ lsusb
Bus 001 Device 004: ID 056e:4008 Elecom Co., Ltd 
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp. SMSC9512/9514 Fast Ethernet Adapter
Bus 001 Device 002: ID 0424:9514 Standard Microsystems Corp. 
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

Webカメラを接続した後

pi@raspberrypi:~ $ lsusb
Bus 001 Device 005: ID 0411:0260 BUFFALO INC. (formerly MelCo., Inc.) 
Bus 001 Device 004: ID 056e:4008 Elecom Co., Ltd 
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp. SMSC9512/9514 Fast Ethernet Adapter
Bus 001 Device 002: ID 0424:9514 Standard Microsystems Corp. 
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

ちゃんと認識された。


撮影用のシェルスクリプト

vi ./cap.sh

シェルスクリプトの中身

#!/bin/sh
DATE=$(date +"%Y%m%d%H%M%S")
fswebcam -r 640x480 /home/pi/$DATE.jpg

試しに実行しようとしたら権限がないと怒られた。

pi@raspberrypi:~ $ ./cap.sh
-bash: ./cap.sh: Permission denied

cap.shに実行権限を与える。

chmod +x ./cap.sh


cronを設定する。

crontab -e

1分ごとに実行するために以下の内容を追記する。

*/1 * * * * /home/pi/cap.sh

これで1分おきにカメラから撮影された画像が保存されていくよ。