読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半地下備忘録

たつさんの日記的ななにか。

ネットオフ宅配買取の利用とその査定額

通勤中の暇つぶしに普段から文庫本をちょくちょく読むんだけど、これがまた増え続ける増え続ける。ブックオフの100円コーナーのお得意様状態。

気に入った本は紙のまま残したいと思うんだけど、保存する場所もとって貴重な収納スペースを圧迫するので、選別して処分することに。

古い本ばっかりだし、普通に資源ごみの日に出しても良かったんだけど、家まで取りにきてくれるんだから、売ってみた。
せっかくなので、売却までの流れと、査定額でも記録しておきますよー。


宅配買取業者

「宅配買取 本」とかでググるとネットオフ、ブックオフあたりを筆頭に、無料で回収してくれる業者がわんさかでてきます。
今回は捨てるくらいの勢いなので、自宅まで回収しにきてくれればまぁどこでもいいかなと。そもそも100円コーナーで買ったような本ばっかりなので、本自体の査定額は期待できないし。

あとは適当に買取額アップ的キャンペーンがあれば…って程度だったので、はじめての利用の場合査定額+1000円のキャンペーンをやっていたネットオフを利用。

ネットオフの宅配買取サービス

ネットオフ宅配買取の流れ

ネットオフ宅配買取の流れは、申し込み、梱包、集荷、入金という感じ。他社でも似たようなものだとは思うけど微妙に違うところもあるかもしれないので、他社を使うかたは、しっかり確認してくださいね。

申し込み

ネットオフのトップページの「本&DVD買取コース 買取申込はこちら」のバナーから。会員登録してある人はログイン、会員登録していない人は登録に進む。この辺りは特に目新しいことはないので割愛。
買取関係のところでは、
・集荷日(申し込みの翌日午前に指定)
ダンボールの数(ダンボールが必要な場合は無料でもらえる)
・買取の支払いについて(査定金額を確認してからか、自動承認してすぐ支払いかどちらか)

ダンボールは家にあるので特にもらわず、支払いについては別に安いからといって売らないということもないので、自動承認に。

最後に送付書が表示されるのでプリントしておく。送付書に自筆の署名欄があるので、忘れずに署名しておくこと。

梱包

売る本をダンボールに詰める。横積みにしてと書いてあったので、指示通り横積みに。微妙に出来たすき間には新聞を詰めました。で、一番上に、送付書、本人確認書類として免許書のコピーを入れて閉じる。複数箱でも送付書と本人確認書類は1通でいいみたい。

結局ダンボール3箱になりました。100冊くらい?数えるの忘れた。この辺りに捨てるつもり的な気持ちが現れていたように思う。

集荷

指定の日時にヤマト運輸が取りにきました。
午前中、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~21時と割と細かく指定できるのも嬉しいところ。
ヤマトが本を取りにきたのが土曜日の午前、ネットオフから商品到着のお知らせメールが日曜日の夜に届く。

入金

ネットオフから査定完了のメール。自動承認にしてあるので、特に何もせずに待つだけ。ちなみに査定額は1,555円(キャンペーンの増額含む)でした。

netoff

初めての利用で査定金額+1000円キャンペーンだったので、88冊売って、実質555円。新しい本はまったくなかったし、予想してた程度の金額ではある。

が、正直、+1000円増額なかったら資源ごみに出してたと思う…。
ちなみに査定金額確定のメール連絡から入金までは数日のラグがありました。

ネットオフ買取申込~支払いまでの日数

発送:7月19日(土)
到着:7月20日(日)
査定完了:7月25日(金)
支払い:7月28日(月)

というわけで、土日含む9日での手続き完了となりました。

タンスの肥やしになってる本があるという人は試してみてはいかがでしょうか。少なくとも捨てるよりは…!