読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半地下備忘録

たつさんの日記的ななにか。

Zwillingの包丁を手入れしながら長く使ってる

ぼくは結構物持ちのいいほうで、道具関係はできるだけちゃんと手入れしながら長く使うことを目指している。この包丁も大学で一人暮らしをし始めるときに、母親がプレゼントしてくれたもので、未だに使い続けている。もう7年以上使ってることになる。

Zwilling ツインフィン マルチパーパスナイフ 30847-180

Zwilling ツインフィン マルチパーパスナイフ 30847-180

まぁこのブランドに強いこだわりや愛着があるわけではないんだけど、よく考えると今ぼくの持ち物で1番古いのがこいつかなーと。そんなわけで、サクッとレビューなどを書いてみるよ。

使い勝手など

基本的なサイズで、肉・魚・野菜なんでもこれ1本でいけます。切れ味については比較対象がないから、特に良い悪いはなんとも言えないんだけど、困るほど切れないということはない。

当然7年も使ってると切れなくなるんだけど、砥石で復活させてます。初めて自分で包丁を研ぐときは不安だったけど、動画で予習してからやったらなんとかなりました。
包丁の正しい研ぎ方 - YouTube

ちなみにぼくが使っている砥石はこれ。

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

本当は仕上げ用のやつとかもあったほうがいいんだろうけど、これだけでも特に問題はないようです。

カッコイイ

刃と柄が一体成型になったデザインが気に入ってる。カッコいいよね。柄の部分が非対称の形になっているから、握ったときにフィットする感じ。

ドイツ製ということもあってか、日本製の包丁に比べるとやや握りが大きいかもしれないので、女性なら購入前に店舗で握ってみたほうがいいかもしれない。

ちなみに万能包丁だけじゃなくてペティも持ってたりします。万能包丁と同じく日々活躍している。家の包丁使いにくい・切れない…って思ってる人がいたらZwillingの包丁おすすめなので、ぜひ検討してみてください。

Zwilling ツインフィン ペティナイフ 30840-130

Zwilling ツインフィン ペティナイフ 30840-130