読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半地下備忘録

たつさんの日記的ななにか。

『楽園追放-Expelled from Paradise-』

TLでタイトルが流れてきてて、だれかがおすすめしていたので、プライムビデオでちょっと見てみた。見始めるまでフルCGってことすら知らなかったよ。
調べるとライトノベルが映像化されたものっぽい。

あらすじ

ナのハザードにより廃墟とかした地球。
人類の多くは地上を捨て、データとなって電脳世界ディーヴァで暮らすようになっていた。

西暦2400年、そのディーヴァが異変に晒されていた。
地上世界からの謎のハッキング。
ハッキングの主はフロンティアセッターと名乗った。

ハッキングの狙いは何か。ディーヴァの捜査官アンジェラは、生身の体・マテリアルボディを身にまとい、地上世界へと降り立つ。
地上調査員ディングと接触しようとするアンジェラを待ち受けていたのは、地上を跋扈するモンスター・サンドワームの群れ。

アンジェラはそれを迎え撃つため機動外骨格スーツ・アーハンを起動する。
荒廃した地上のどこかに、フロンティアセッターが潜んでいるはず。
アンジェラとディンゴの、世界の謎に迫る旅が今、始まった。

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』

www.youtube.com

感想など

ストーリーはありがちと言えばありがちだけども、あまり凝りすぎてない分、90分程度で違和感なくスッキリ終われる感じ。キャラクターも勝ち気な女の子+腕はたつけど皮肉屋の男の組合せ。こちらも良くある組合せだけど、分かりやすいよね。

キャラクターの人数少なすぎて、もうちょっとドラマとか葛藤があっても…とは思ったど、映画じゃこんなもんかね。1クールのアニメだとしたら伏線とか、サブキャラ活かしたりとか色々できたんじゃないかと。

ネタバレするとは避けるけど、フロンティアセッターの正体とか、地上を捨ててデータとなって電脳世界ディーヴァで暮らすようになった人間と地上のフロンティアセッターの対比なんかもううむと思わされる。

あとは戦闘シーンとかもかっちょええ。
複数の敵をロックしていっきに殲滅するのってロマンあるよね。

サクッと見るにはおもしろかったので、プライム会員で時間がある人はどうぞー。

無料で使えるオンラインストレージと追加容量の値段

適当にメジャーっぽい5社を表にしてみた。

無料の容量 追加容量
Googleドライブ 15GB 100GB:250円/月
1TB:1,300円/月
one drive 5GB 50GB:170円/月
Office365契約すると1TB*1
dropbox 2GB*2 1TB:1,200円/月
Box 10GB ×*3
Amazon*4 プライム会員に5GB
Fireデバイスに5GB*5
無制限:13,800円/月

一時期はサービスが乱立したり、無料の容量大盤振る舞いしてたイメージがあったオンラインストレージだけど、最近はサービスの数自体も落ち着いてたり、無料で使える部分も以前より小さくなってた……。

サービス終了した会社も少なくなかったりするので、やっぱりオンラインストレージなら大手にしておくべきかなぁと。

今のところ追加容量が必要なほどヘビーには使う予定がないけど、容量が足りなくなったらGoogleドライブかone driveにお金を払っちゃうのが手っ取り早そう。dropboxの追加容量は100GBくらいのプランがないと手が伸びないかなぁ。

*1:id:ch3cooh393先生に指摘されて追記

*2:友達を招待したりすると増えるけど、招待する友達が……

*3:個人向けの有料プランが見当たらなかった

*4:id:nakaji999氏に指摘されて追記

*5:どちらも無料とは言えないけど

拝承:用件を両手で大事に受け取るイメージを伝える

最低限知っておきたい「知性」と「教養」を感じさせる語彙として、1番手に「拝承」が紹介されてた。「わかりました」「了解しました」では、社会人としては軽すぎる。品格を感じる美しい表現……らしい。

 たとえば、何か人からいただき物をするときに、片手でもらうと失礼な感じがするでしょう。逆に、ワタス側の人になって片手で渡してしまえば、「ほら、これを取っておけ」というような横柄な印象を相手に与えてしまいます。
 大事なものを両手で差し出し、受け手もそれをありがたく両手で受け取る。それが「拝」という感じの意味なのです。

受け取りは、「物」に限りません。すべての受け取りに関して、ありがたく受け取るイメージを持つことはとても大切なことです。
 メールも、指示も、お願い事も、任され事も、すべて受け取るものです。
 このように何かを受け取ったときに、「わかりました」「了解しました」と返事をする人が多いように感じます。

 どんなときでも、大切な用件を「お預かりします」という気持ちを込め、両手で大事に受け取るように「拝」という言葉を使いましょう。

 「わかりました」「了解しました」は、「あなたの言っていることを理解しました」いう意味になるので、社会人の表現としてはあまりいいとは言えないのです。

だからこそ、「その大事なご用件を承りました」というようなときに使う「承る」という漢字と合わせて、「拝承いたしました」と伝えれば、品格を感じる美しい表現になります。


完全に日立用語として認識してたのでネタかと思いきや、めっちゃ真面目なトーンで書かれて、ちょっと笑う。知らない間に日立用語が一般化したのかな? 手元に辞書がないから「拝承」が国語辞典に載ってるかどうか確かめられないのが残念。


個人的な印象としてはニコニコ大百科に書かれているほうがしっくりくるなー。

拝承とは、謹んで承るという意味で、承知、聞くの謙譲語である。

一般にはあまり使われない言い方であるが、これをよく使う場所がある。日立製作所とそのグループ会社である。
社内でのメールでは必ずといっていいほど使われていて、一般とのつきあいが無い社員(所員)も社外とのメールで思わず使ってしまうことがある。相手は意味不明である。

拝承とは (ハイショウとは) [単語記事] - ニコニコ大百科


ちなみに目次と「拝承」の項目だけ見て、読むのをやめました……。

語彙力がないまま社会人になってしまった人へ

語彙力がないまま社会人になってしまった人へ

娘が2歳になりまして

2015年3月末に産まれた娘が2歳になりました。去年の記事*1からもう1年も経つなんて信じられない。娘の成長と、自分と妻の老朽化を感じる…。

手作りケーキ

f:id:tatsu-n:20170331215551j:plain
もちろん今年もケーキ。手作りの食パンマン!! 妻、渾身の作品。夫婦でインスタに載せるしかないと盛り上がる*2


相変わらずアンパンマン

去年の記事を見返してみたら、アンパンマンが好きって書いてたんだけど、今年も相変わらずアンパンマン好き。

f:id:tatsu-n:20170330174023j:plain

最近はアンパンマンのぬいぐるみでごっこ遊びが始まってたり、ヨーグルトとかプリンの空き容器持って、パパどーぞ!とか言ってくる。かわいい。死ぬ。

保育園に通って1年

当初よりは徐々に人見知りが解消されつつある…かも? やはり集団生活を送るってのは子どもなりに(子どもだからこそ?)学ぶことが多いのかもしれんねー。

「今日保育園どうだったー?」って聞くと、「○○ちゃんと遊んだー」って答えてくれたりもするし、保育園で習った歌とかもお風呂で歌ってくれたり。上達すごい。

この1年で自分で着替えられるようになったし、自分ではみがきできるようになったし、自分でご飯食べられるようになった*3。動物園に行けば、「らいおんさーん」「ぞうさーん」って判別できるようになった。そんなに教師データ与えてないのにすごい、ディープラーニング搭載娘。intel入ってるのかもしれん。

はっぴばーすでーとぅーゆー

f:id:tatsu-n:20170330180419j:plain
ろうそく消して―って言ったら、迷わずふーーーっ!!

ムカつくこともある

「ご飯たべるよー」
「いやだいやだ」

「お風呂はいるよー」
「いやだいやだ」

「そろそろ寝る時間だよー」
「いやだいやだ」

(#^ω^)

いやだいやだ (いやだいやだの絵本 3)

いやだいやだ (いやだいやだの絵本 3)

*1:娘が1歳になりまして - 半地下備忘録

*2:アカウントないけど

*3:やる気があるときに限る

『コンピューターで「脳」がつくれるか』

近年流行りの人工知能についての本。人工知能に強い興味があったわけじゃないんだけど、著者のブログがバズって、本を出したのは知っていて読みたいと思いつつ随分出遅れてしまった…。

人工知能についての本といっても、数式やプログラムが出てこないので、入門書を読む前に読む本といえるほど平易な言葉で書かれている。

コンピューターで「脳」がつくれるか

コンピューターで「脳」がつくれるか

本書は、「流行している人工知能」と「人間のような人工知能」がまったう別のものである!(そして後者の研究はとてもマイナーである)ということを伝えるのが目的です。これさえわかっていただければ、本書の目的は90%くらい達成したといっても言い過ぎではありません。

この本を読んで、はじめにに書かれている目標については達成されたかなー。

  • 流行している人工知能(特化型AI):チェス、画像認識など
  • 人間のような人工知能(汎用AI):ドラえもん、ターミネーターなど

タイトルにもなっているコンピューターで「脳」がつくれるかについては、可能性はあるけれど、現在の延長ではない。そもそも現在の特化型AIはドラえもんみたいな汎用AIを作るという目的のものではないというのが分かりやすかった。

目次

1章 人工知能は人工知能ではない?
2章 生きるための知能、道具としての知能
3章 どこまで脳のしくみを解明できるか
4章 人間を追い越したコンピューター
5章 汎用人工知能をつくるには
6章 変わる人間の未来


1章、2章を読めばどう違うかは十分理解できる(できた気がする)。確かに将棋の強い特化型AIができても、趣味でチェスをやるようにはならないだろうし、特化型AIを改良していっても汎用AIにはならないよねと*1

3章は人間の「脳」に関する話で、読み進めるのが若干苦痛で斜め読みに。興味があるかどうかの問題だとは思うけど、読み飛ばす人も多そうかも。

4章はアルゴリズムについて。教師あり学習、教師なし学習、教科学習とディープラーニングについてさらりと。ただしこの章も特に数式とかで解説されているわけではないので、アルゴリズムについて知りたい人はほかの入門書などを探す必要がある。自分みたいなちょっと言葉気になるけど、実装するほどの熱意はないみたいな人間にはぴったり。

5章では3章4章のおさらいをしつつ、脳の各部位とアルゴリズムは似ているので、これらを組み合わせれば汎用AIにつ近づけるかもしれないとしている。

  • 大脳新皮質:教師なし学習
  • 大脳基底核:強化学習
  • 小脳:教師あり学習

最後にもし汎用AIが実現できたら――という話。

著者のブログにはこの本のQ&Aもある*2
コンピューターで「脳」がつくれるか? FAQ編 - Sideswipe

読み終えて

汎用AIが実現されて便利になるのであれば多少の問題点があっても利用されるのは間違いないだろうし、さっさと労働を奪って世界が効率化されたり、ぼくが働かなくてもいい世界になってほしい。


それよりも人工知能 Advent Calendar 2015 - Qiitaを書く前に、出版が決まっていて、そのたたき台みたいなものかな……と思ってたら、そうじゃなくて、書いてから本にすることが決まったらしい。1人でこんなの書いてみようと思うなんて頭おかしい(褒めてる)。

人口知能に興味はあるけど、アドベントカレンダー全部読むのが面倒って人は人工知能は Deep Learning によって成されるのか? - Sideswipeだけでも読んでみるのがいいと思うます。

*1:特化型AIの改良はそれはそれでとても意味がある。

*2:記事公開日が本の発行日より前!