読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半地下備忘録

たつさんの日記的ななにか。

『ザ・コーチ 最高の自分に出会える「目標の達人ノート」』

読書

多くの企業で行われているであろう「目標管理面談」が自分の勤め先にも半期に1回あるんだけど、ほぼルーティンワークなのに毎回何か書かなくてはいけなくて大変苦痛だったりする。

何か新しい知識とか技術とかが求められるわけでもないし、会社側や上司から新しい仕事を振られることもほぼない。

それなのに目標なんてなーとは思ってたんだけど、自分の目標設定がへたくそなのかも? と思って「ザ・コーチ」を手に取ってみた。

いかにもな自己啓発本ではなくて、ストーリー仕立てになっていてビジネス書とか苦手な人にも読みやすかった。

目標・目的・ゴールの意味

目標とか目的とかって明確に意味を把握してなかったんだけど、本書では次のように説明されていた。

目標とは〈目的を達成するために設けた目当て〉とありました。つまり、目標はあくまで、目的に向けての目印でしかないということです。
それに対して、目的の意味は〈成し遂げようと目指す事柄〉でした。

目的のための最終的な目印がゴールで、そのゴールまでの途中の目安や、通過点として置くのが目標なんですね

例としてマラソン選手の目的・ゴール・目標が挙げられている。

  • 目的:自分が可能性に挑戦することで、子どもたちに夢を持つことの素晴らしさを伝えたい
  • ゴール:次のオリンピックで金メダルを取る
  • 目標:十キロのタイムを三ヶ月であと三分短縮する、今月合計五百キロを走り込む


これを読むと、「目的」があり、「ゴール」があり、それに向かっていくための「目標」ってのが分かる。分かりやすい。こういう言葉の定義とか関係って改めてちゃんと把握してないなぁと思ったけど、とりあえずこの定義はしばらく忘れない気がする。

そんでもって、自分の場合は「目的」の部分って全然何も考えてなくて、目標管理がだるくて意味のないものになってしまってるっぽい。

夢・目的・ゴール・目標・ビジョンを明確に設定していくことで、自分が得られるベネフィット

目標などを明確にすると何が幸せなの? ってことも書かれている。この辺は目標を持っているひとは意識しなくても自然と達成できているだろうなーと。

  • 情報は誰に対しても平等に公開されているのに、見る人によって目に留まるものが違う
  • それは、その人が常々何に関心を持っているかで決まる
  • いつも夢や目的やゴールを思い描き、意識している人は、それらに関する情報をキャッチできる確率が高くなる
  • 知識がどんどん増える。強い願望は、人の学習意欲を高める

夢やゴールを設定することを妨げているものは何か

以下、覚えておくと自己嫌悪が回避できたりしそう。

  • 夢やゴールを設定するときのブレーキ
    • 自分の夢やゴールに対して人から批判や避難や評価を受ける。その時感じる苦しさや切なさ、それと自己否定感
    • 結果だけを見て、自分の価値を決められた時の無力感や、寂しさ
    • 夢やゴールに対する「無知」
    • 変化に対する恐れの感情が、夢やゴールを描くことを避けさせる
  • ブレーキはどうやったら軽くなるか
    • ブレーキを感じたら、夢やゴールを小さくする
    • ゴールや目標に対しての知識をちゃんと教える
    • 「目標を立てたら、最後までやり遂げなくてはいけない」「ゴールや目標を立てたら、変えてはいけない」は思い込み
    • 目標は、あくまでも目的のための通過点なので、いつでも再設定していい

組織において部下にゴールを設定するときのポイントは何か

  • 部下の価値観や未来の夢を訊いて、その部下の個人的な目的と、会社のゴールの接点を、一緒に見つけるのがポイント

これは理想ではあるけど、実現するの難しそう。そもそも今の職場は会社としての目標とか、部としての目標すらあるのか疑問だ…。

読み終わって

読みやすいし納得感もあったの、しばらく期間をあけてまた読みたいなーってくらい良かった。Kindle Unlimited対象なので、Kindle Unlimited登録してる人はKindleで読むのが良いと思うよー。

ザ・コーチ

ザ・コーチ

Amazonプライム会員限定、抽選で1,500名様にスピーカープレゼント(2016年11月24日まで)

f:id:tatsu-n:20161118085654p:plain

Amazonのプライム会員限定だけど、 『はじめてのPrime Music』を聞くと抽選で 1,500名様にスピーカープレゼントというキャンペーンが始まってた。

聴くだけで当たるBoseまたはJBLスピーカープレゼント


Amazonのアカウントでサインインした状態で上記のページを見て、そのページにある『はじめてのPrime Music』プレイリストを視聴すると応募完了らしいので、プライム会員の方はぜひどうぞ。

宣伝

興味がある人はこれを期にプライム会員にお試し登録してみても良いかもしれませんね。

ちなみに

過去にも似たようなキャンペーンをやっていて、ヘッドホンが当たった人がいたり、当たらなかった人がいたりする。
Prime Musicで音楽を聴くだけでBluetoothヘッドフォンがもらえた - 半地下備忘録
Prime Musicで音楽を聴くだけでBluetoothヘッドフォン10%OFFクーポンががもらえた - なか日記

【PR】かわいい色の大容量モバイルバッテリー「BMB-10」を持って鎌倉に行ってきた

先日、BLUEDOTから発売のかわいい色のモバイルバッテリー「BMB-10」がモニター募集していると紹介しましたが、自分もちゃっかりモニターとして参加してまして、手元に商品が届いた。

f:id:tatsu-n:20161116220844j:plain

色はグリーンを選択。鮮やかでかわいい感じ。嫁さんからも好評。
「BMB-10」のスペックはこんな感じ。

  • 容量:10,000mAh
  • 外形寸法:139.5×71×14.5mm(突起部を含む)
  • 本体質量:約220g
  • 充電時間:約6時間(5V 2A出力のACアダプター使用時)
  • 端子:microUSB端子×1(充電用)、USB端子×2(給電用)
  • 出力(給電時):5V 2.1A(2ポート合計最大)
  • 付属品:充電専用microUSBケーブル、取扱説明書、保証書

容量が同じくらいで古いモバイルバッテリーを1個持ってたんだけど、それに比べるとちょっと薄くなっていて、軽い。昔使っていたモバイルバッテリーは充電するときはminiUSBで、持ち歩くケーブルが増えて不便だったんだけど、BMB-10はmicroUSBからの充電で大変満足(最近では普通なのかも?)。ちょっとしたことだけど満足度高まる。

f:id:tatsu-n:20161116214932j:plain
裏側にはポートの位置に「入力」「出力」とか、スペック的なものが書かれているんだけど、これは果たして必要なのだろうか。ちょっとカッコ悪いなぁと感じたけど、不慣れな人にとってはないと困る…のか?

先日いった鎌倉旅行にもこのバッテリーを持って歩いてたんだけど、10,000mAhなら電池のなくならない安心感。バッテリー残量は側面にあるLEDで確認できるんだけど、これなら2日気にせず使っても問題なかったです。

モバイルバッテリーはいろんなメーカーからかなりの種類が出ているけど、容量、重量、値段さえ許せるのならあとは見た目で選べばいいのでは…? そういう意味ではBMB-10はほかにはないカラーなのでそういうのを選びたいひとにはかわいくておすすめできそうかな。

BMB-10 | BLUEDOT株式会社

南越谷から「ホリデー快速鎌倉号」に乗って鎌倉まで行ってきた

日記とか

嫁さんが友人の結婚式・披露宴に招待されて、会場が鎌倉だったのでぼくも便乗して鎌倉まで行ってきた。横浜に住んでいたときは鎌倉って遠いイメージはなかったけど、埼玉県からは遠い…。

ホリデー快速鎌倉号

ぼくの住んでいる辺りから鎌倉に行くときは週末にだけ運行している「ホリデー快速鎌倉号」ってのがあった。なんと南越谷から鎌倉まで直通。貨物列車用の路線を走るらしい。都会をぐるーっと回る感じで始発の南越谷から終点の鎌倉まで約2時間。車両は古かったけど、足元は広くて普通に快適だった(写真撮り忘れ)。
f:id:tatsu-n:20161107211736p:plain
お値段は乗車券1,420円+指定席券520円=1,940円。自由席もあるけど、すぐに埋まっていたようなので、南越谷で並ばない限りは素直に指定席にしたほうが良さそう。車内販売などはないので、大人だけで乗るならビールとおつまみを持ち込みたい感じだった。

鎌倉到着

鶴岡八幡宮で嫁さんと娘と別れて単独行動開始。

f:id:tatsu-n:20161105133504j:plain
imbiss鎌倉にて、ソーセージと鎌倉ビール。ソーセージは色々あったけど、とりあえずプレーンに。ビールともあっていて大変うまかった。暑かったおかげで美味しさブーストかかってた。なお、周りのお客さんはカップル・夫婦ばかりで……。

長谷寺

f:id:tatsu-n:20161105143305j:plain
ビールの後は長谷寺に移動。目を凝らせば色づいてきている葉っぱもあるけど、全体的には紅葉はまだまだといった感じ。こういう伝統的な場所にきたときに説明書きの看板がちょっとむずかしい言葉で書かれてたりして意味がわからなく、自分の教養の無さを感じる。

でもまぁ教養なんてなくても景色はきれいだったし、団子も美味しかったし、弁天窟(十六童子などが祀られている洞窟)入って「おおぉぉ!」みたいな感じにはなったし、それで十分じゃなかろうか。

鎌倉文学館

f:id:tatsu-n:20161105155245j:plain
そこから大仏でも…と思っていたけど、鎌倉文学館で『ビブリア古書堂の事件手帖』の企画展示がやってるというポスターを見かけたので、そっちに行ってみることに。鎌倉文学館の敷地に入るとトトロを連想させるような緑とか、トンネルとか。

f:id:tatsu-n:20161105155038j:plain
鎌倉文学館本館の外観はこんな感じ。中は写真撮影NGだった…。建物の中に掲示されていた説明を見るまで全然知らなかったんだけど、この文学館は加賀藩の前田家の別邸だったらしい。

当館は、旧前田侯爵家の別邸を鎌倉市が寄贈を受け、昭和60年(1985)以来、文学館として活用しています。国の登録有形文化財となっている格調と気品あふれる建物の中に、鎌倉ゆかりの文学者の展示を行ない、文学資料の収集保存など様々な活動をしています。

ごあいさつ|鎌倉文学館について【鎌倉文学館】

地元から離れた場所で、地元に縁のあるものを見つけるとちょっとうれしくなるよね。

f:id:tatsu-n:20161105154610j:plain
鎌倉文学館の庭園にはバラが植えられていて、10月中旬~11月下旬が見頃らしくて、大変きれいだった。こういうのってタイミングが合わないとなかなかお目にかかれないしラッキー。いっぱい咲いていると普通に立ってるだけで花の香りがするのも新鮮。

その後はロッカーに預けてある荷物を回収したり、合流まで一人で串焼き食べてたり。お一人様なりに鎌倉を満喫できて大変満足であった。

入園無料の大宮公園小動物園に行ってきた

日記とか

嫁さんが土曜出勤の隙に娘を連れて大宮公園小動物園に行ってきた。その名の通り、大宮駅から遠くないところにある大宮公園の中にあるちっちゃな動物園で、入園料は無料という動物園だ。


f:id:tatsu-n:20161029103232j:plain
大宮公園は大宮アルディージャの試合を見にNACK5スタジアムに行くときに横を通るので、存在は知っていたけど、案内図を見ると思っていたよりもかなり大きい感じ。歴史と民族の博物館や日本庭園もあるらしいので、今度は嫁さんと娘と3人できて、ちらっと覗いてみたい。

道路を挟んだ反対側に第二公園というのもあって、今回は行かなかったけど、ちょうどその日は第二公園のほうでフリーマーケットも開催されていたみたい。


f:id:tatsu-n:20161029103816j:plain
今回の目的地である小動物園の入口。こじんまりとした感じで、間違っても上野動物園みたいのを想像してはいけない。

施設は小さくても、ミニブタ、ヤギ、カピパラなどののそのそ動くやつらとか、ベンガルヤマネコ、アムールヤマネコなどのシュッとしたのもいる。娘は「ぶたさんいるねー」「にゃんにゃんいるねー」って喜んでくれてた。かわいい。


f:id:tatsu-n:20161029112807j:plain
古風な児童遊園地もあった。ちゃんと稼働していて、くるくる回ってた。もう数年もしたら、こういうの乗りたいって駄々こねられるかもしれんね(数年後まで存在していれば)。


f:id:tatsu-n:20161030215039j:plain
娘が気に入っていた滑り台。階段登る→滑る→(*´∀`*) ってのを繰り返してた。子どもってほんとに飽きずに繰り返すねー。ここで体力を使い果たしたらしく、寝ちゃったので帰路に。その結果、娘と一緒にお昼寝しようというぼくの目論見は崩れ去った……。


公園の広さは十分だし、遊具もあったり、無料の動物園もあるので、近くにお住いであれば家族でお弁当もって、ふらっと散歩しに行くにはおすすめかと。

埼玉県大宮公園